んにちは!今回は【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】

結婚3年目、新築を建てて去年引っ越してから1年が経とうとしているのですが、最近私の家計管理のどんぶり勘定が露出してきてしまいました。
今までは、毎月の収入と貯金などでやりくりをしていたので特に困った事はありませんが、新築一戸建て1年経とうとしていて、固定資産・車2台分の税金・保険などなど、一気に月に50万円を超える出費がでできて、家計簿をつけるようにし見直したところ、私のどんぶり勘定具合が露わになりました。
なので最近は慌てて節約生活を心がけています。
よくよく考えると、大人2人幼児1人に対しての食費が多すぎるし(外食も多かった)、なによりも夫婦お互い自分が欲しいものを通販で買いすぎでした。
これを私はもちろん夫にも反省してもらうため、家計簿を公開し、こんなに無駄遣いがあって貯金が減るばかりか将来が危ういことをアピールしたところ主人も納得してくれたようで、なんとか月2万円のお小遣いでやりくりしてくれているようです。
今回は家計簿をつける事で問題が露わになり、手遅れになる前に手をうてたので良かったようが気がしますが、これからなるべく主人の収入のみで家計の支出を抑えることに苦労しそうです。

【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

使わない電気の電球を抜いたり、お風呂に入る時は家の電気を全部消したり、炊飯器の保温をしないようにしました。(私が節約を決意した理由)季節により金額のばらつきがあり、もっと安く生活できないかと考えたからです。

【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】【実際どれくらい節約できるの?】

5000円ほどです。前年度の同じ月と比べて圧倒的に安くなったので、その差額分を貯金に回すことができました。

【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】【継続的に節約する為に】

日が落ちるまで明かりをつけないようにしてたので、落ちる直前などは書き物ができないのが大変でした。手元をスマホのライトで灯すなどして解決しました。電気をつけるよりお得だと言い聞かせていたので乗り越えられました。

【主人の貯金をあてにしてどんぶり勘定が仇に…】【私のお金の体験談をシェアします】ずっと座って単純作業、選挙のアルバイト

私は友達からの紹介で選挙の投票所のアルバイトを2回しましたが、とても楽で楽しいアルバイトでした。
投票当日は投票開始時間の1時間前に会場入りましたが、私は自分の地元の投票所だったので、家から徒歩5分という近場で楽でした。
さらに、お昼もちゃんとお弁当が用意されましたし、休憩時間もしっかりとバックヤードで取れましたし、飲み物やおやつも完備でした。
作業内容は、有権者の情報を照合、投票用紙を発行、投票箱の前で監視、会場の案内、などです。
その作業のほとんどは座ったままなので、肉体的には全く疲れません。
私は投票用紙を発行するところで働きました。
人が来ない間は私語も特に注意されることもなく、
ずっと座って投票用紙を発行する機械のボタンを押すだけでした。
受付だとパソコンを使って有権者の情報の照合などの作業で、こちらは人がいっぺんにたくさん来ると少し忙しそうでしたが、
お昼ごろなどは会場全体が少しまったりとした雰囲気でした。
こんにちわ、こちらどうぞ、くらいの会話しかする必要もなかったので、接客が苦手な人でもそこまで苦にはならないと思います。

諦めないで!私が伝えられること

無理をすると長続きしないので、まずは炊飯器の保温をしないようにすることだけ始めるなどした方がいいと思います。これをすれば次の月少しでも電気代が下がるだろうと考えながら節約すると、達成感があり次の月も頑張ろうと思えます。