こんにちは!今回は【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】

私は20代の独身時代に働いたお金を全てパチスロに投資していました。働いているのに家族にしょっちゅうお金がないと言ってました。
働いていた給料では足りず消費者金融にお金を借りる災厄な結末になりました。食事をたべそこのたとか交通費Suicaのカードを落としたと嘘をついてました。ですが、おかしいと感じた家族に問い詰められ、パチスロにはまっていた事を正直に話しました。。そして給料や借りたお金をギャンブルに投資していた事を家族にバレてしまった私は、父親が警察官の官僚だった事もあり、家族にギャンブル依存性がいると知られたら世間的に恥ずかしい】と思った父親に家を追い出されてしまいました。本当に情けないどうしようもない生き方をしてました。ましてや私はいちよう女性です。本当に恥ずかしい事ですよね?家族に捨てられて当然ですよ。
こんなクズの私は給料のいい深夜のコンビニで
働きながら借金を返す生活をしていた時、主人に出会いました。当時コンビニの店長をしていた主人は私の恥ずかしいクズ話や家族に追い出された話を真剣に聞いてくれたんです。
そして、私を支えてあげたいと思ってくれて、
主人と結婚する事が出来ました。今現在は、結婚してギャンブルをする暇がないくらい忙しく子育てをし専業主婦をしています。だらしない過去を持つ母親ですが、理解のある主人に出会い。現在は1人では絶対行かないことを条件に主人は必ず【一緒に遊びに行こうよ】と私を連れて行ってくれます。皆様もパチンコパチスロは適度に遊びましょう。決して自身が食事を食べられない程夢中になって投資はしないで下さい。あとはお金を借りてギャンブルをしない事
痛い目に必ずあいますから、適度に遊んで下さい。私のお金に関わるかなり恥ずかしい実話の体験談を書かせて頂きました。。。
最後まで見て読んでくれた方に感謝します。
ありがとうございました。

【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

スーパーに行く回数を週に一回にし、無駄な物を買う回数が減り、節約になりました。(私が節約を決意した理由)妊娠し、専業主婦になったので収入が減ったから

【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】【実際どれくらい節約できるの?】

月の食費が外食費込みで2万円程でおさまるようになりました。無駄な買い物が多かったんだなと実感しました。また、まとめ買いで多めの量のお肉等を購入するほうが安いので節約になります。

【お金に関するかなり恥ずかしい実話の失敗体験談です】【継続的に節約する為に】

やはり週の途中で買い足さなくてはならないものが出てきてしまいます。ですが近くのドラッグストアなどで必要なものだけ購入するとスーパーに行く回数も減ります。やりくりができると楽しくなってきます。

【私のお金の体験談をシェアします】人に言えない趣味でも、書店員ならわかっちゃいます

ラノベ、数独、ゲームなど、あまり大声で人には言わないけれど大好きなことってありますよね。そんな秘密の趣味を垣間見れてしまうのが書店員のお仕事。新しい小説、週刊雑誌、人気ゲームの攻略本など、あらゆるジャンルの本が並ぶ書店。陳列場所やだいたいの本の内容を把握してご案内する書店員を長くやっていると、毎月、毎週決まった日に特定の本を買いに来られるお客さまに出会います。多くは語らなくても、発売日に嬉しそうな顔で買いに来る本に興味がない方はいないはず。大好きな本を買って足早に家に帰り、たっぷり楽しむはずです。そんな方々と長くお付き合いする中で、「新しいアレ出てる?」なんて声を掛けられることも。人に言わない趣味でも、本屋の人ならわかってくれると思う方もいらっしゃったと思います。
報酬は決して高くはなく、また覚えることも多く立ちっぱなしで体力も必要な仕事ですが、書籍を通じて普段触れ合わない方ともコミュニケーションできる、貴重な体験でした。

諦めないで!私が伝えられること

節約はめんどくさすぎることが多いとストレスになってしまうので続きません。自分の出来る範囲でやることが大切だと思います。

やりくりが上手くできると楽しくなってきます。

貯金がたまったらあれをしようと目標を立てると頑張れます。

たまの贅沢は節約を乗り越える為には必要です。