こんにちは!今回は【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】

5年ほど前、私が結婚した際、親戚知人友人会社関係などなど、いろんな人からご祝儀をいただきました。大体の方が現金でくださり、合計はとても大金になったのを覚えています。ひと月ほどして、実の親に内祝いの相談をしました。何をどれぐらいお返しすればいいのか聞くと、内祝いはいただいた金額の半分を商品券で返すのが常識と答えてくれました。なるほどと思い、言われた通りいただいた額の半分を商品券にして郵送で送りました。すごい枚数の商品券になったところもありました。こんなにたくさんの商品券は逆に迷惑では?と思っていたら案の定、後日、親戚の方から『身内だから内祝いはいらないよ。返しておくから自由に使いなさい』と商品券が送り返されました。身内だからこそ教えてくれたのですが、きっと友人知人などにはモヤモヤする内祝いになってしまったに違いありません。親の言葉を鵜呑みにし、自分で調べることを怠った結果です。次からは、一個人に相談せず、ネットという便利なツールがあるのだから、大衆の声を参考にすることにしようと思いました。

【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

基本的に外出時は1万円以上を財布には入れない。

キャッシュカードで引き出しする際は手数料が無料又はあまり掛からない時間帯で引き出しをする。

取り出し不可能な貯金箱に貯金する。(私が節約を決意した理由)貯金が段々貯まりづらくなってしまった為、不安を感じてしまったから。

【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】【実際どれくらい節約できるの?】

月に3万から5万円までしか貯金できなかったけど、節約を始めたことで月に5万以上貯金することが出来ました。

【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】【継続的に節約する為に】

空腹を感じた時、1日に1回ぐらい1リットルの水を摂取すれば空腹感が薄まります。又ガムを噛むことで空腹を抑えることで無駄な間食が減ります。

【内祝いの選び方は、個人に聞くよりネット検索を!】【私のお金の体験談をシェアします】カフェ・コーヒーショップのスタッフ

レジで注文を受け付け会計、ドリンクの作成、提供をします。細かな作業としては、店舗内の掃除、設備機器の定期的なメンテナンス、備品の補充などがあります。接客業なので、お客様との会話は少なからずあります。時には新商品のおすすめもします。商品のレシピや作業ルーティンを細部まで覚える必要があり、はじめは苦労しますが、お客様の反応を直に見ることができるので、慣れてくるとやりがいのある仕事です。忙しい日の売り上げを確認するのもモチベーションが上がります。
同じスタッフとのコミュニケーションも、時には面倒に感じる事がありますが、仲良くなれば、そのまま飲み仲間になったり、一緒に遊ぶ仲になれたりするのも魅力です。
大変なのは、土日祝日は忙しくなるのでなかなか休みを取れない事です。場所によっては、年末年始、GW、夏休みなどの繁忙期は絶対休まないで!と言われる場合もあります。一般的な休日に休みたい人は、初めは良くてもだんだんストレスになるのであまり向いてないかもしれません。

諦めないで!私が伝えられること

節約と貯金が長続きする為に必要な事は要るか要らないかの認識力が必要です。どんなに色々なことをしても、それを認識して把握してるのかが問題です。例えば、買い物の際これは買っていいのか買わなくていいのかはっきりわかっていれば貯金は長続きすると思います。迷っていた場合は切り捨てるという考えでいけば上手くいきます。

大事なのは常に疑う事です。