こんにちは!今回は【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】

私のお金に関する失敗談は、家族や友人へのプレゼント購入についてです。誕生日、父の日、母の日、クリスマス等々、記念日になると、また記念日でなくても、ついついプレゼントを買ってしまいがちです。裕福なわけではないので、節約を心がけてはいるつもりなんですが、どうも自分の物を買わないようにしている分、ついつい人の物を買ってしまっているようにさえ感じています。プレゼントをもらって喜ぶ人の顔を想像しながら、あれこれ選ぶのも楽しいし、人のために何かをしているという快感もあるのかもしれません。ただ、ネットなどでプレゼントを見ていると、ついつい必要のないものまで一緒に購入してしまう傾向にあって、予算を大幅に超えてしまいがち。特に理由もなくプレゼントしてしまうこともあり、プレゼントをあげた人から「これって何のプレゼントなんだっけ?」なんて聞かれる始末。給料日前になると「あの時あれを買っていなければ」と後悔してしまいます。

【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

今まで使ってた大手会社の携帯電話を格安携帯に家族全員変更した(私が節約を決意した理由)子供が大きくなっていくにつれてお金がかかってくると実感した為

【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】【実際どれくらい節約できるの?】

変更してそれまでより合計1万円程携帯電話にかかる費用が安くなり年間にすると大幅にお金が浮き近所に旅行に行くことが出来た

【家族や友人へのプレゼントも大概にしないと】【継続的に節約する為に】

携帯電話の費用だけでなく今まで多かった外食も抑え毎日毎食食事を作るのは大変でした。でもスーパーのお総菜に頼るなどしてストレスを軽減しました。

【私のお金の体験談をシェアします】[データ入力のお仕事を経験して]

データ入力のアルバイトを一年ほど経験しています。アルバイトの中で意外と楽しかったことは、伝票を入力するから今どんなものが売れているか分かることです。例えば、本の売り上げを入力すると、今どんな方が売れているか見ることができるので、世の中の動きを知ったり、おもしろそうな本を見つけたりできました。実際に投資やITの本がかなり売れていて、それだけこれからの社会でそのスキルが求められていると感じて、自分でもその本を読んでみることで世界が広がったと思います。
その一方で、大変だったことは、毎日同じ仕事の繰り返しなので根気が必要です。また、元請け会社の状況によって仕事量が左右されるので、伝票が集中する期間があり、残業が多い時期が続いたり、休日出勤が毎月あったりします。さらに、入力の様式や特殊な入力の方法を覚える必要があります。しかし、オフィスで働く基本的なスキルは身につくので、データ入力のアルバイトからステップアップしていくことができると思います。

諦めないで!私が伝えられること

まずはどこに一番お金がかかっているかを知るために家計簿を付けてみる。電気代や光熱費は節約しても微みたるものなのでその他で減らせそうな費用を見極めるのがポイント。食費を節約するのは割りと簡単だがそこを削って体調を崩しては本末転倒なので、外食を減らす事が近道だと思う。ストレスを溜めない程度にするのがコツだと思う。