こんにちは!今回は【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】

お財布にお金が入っていると、なんだか気が大きくなって無駄使いをしてしまう時期がありました。
その当時、無駄使いを防止するために、必要最低限の現金のみを持ち歩くようにしていました。
すると、いつの間にか所持金の確認をすることをしなくなってしまいました。
ある日、かかりつけの歯医者さんに定期健診に行った際、お会計で現金が足りず、受付の方に了承を得て、近くのATMまでダッシュしました。
1500円程度の治療費が払えず、とても恥ずかしい思いをしました。
なので、ある程度行先が決まっているときは、所持金を確認するようにしていたのですが、
数カ月後に買い物ついでに同じ歯医者さんに寄った際、まさかの100円足りず、またATMまで走りました。
毎回、笑顔で対応してくださるだけに、とても恥ずかしい思いをしました。
この反省から、5000円を切ったらATMに行くようにして、無駄使いをしないようにかなり節制をするようになりました。
おかげで無駄使いはなくなりましたが、ある日ストレスで耐えられなくなり、1か月で貯金(300万円)+クレジットカード上限(400万円)ぎりぎりまでの、合計700万円使ってしまいました。
無駄使いの癖がなくなった後だったので、返済等あっても生活は出来るのですが、貯金がなくなってしまい不安な毎日を過ごしています。

【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

1番効果があったのは積み立て貯金です。自分で制限するのは限界があったため、毎月5万積み立てることにしました。給料から5万引かれた状態で手元にお金が来るので、そこから生活費、娯楽費、食費を決めていました。我が家には2台車があるのですが、高速を乗るときは普通車ではなく、高速代が安い軽自動車にしていました。また、外食は控えて家での食事を中心にしていました。(私が節約を決意した理由)新婚で結婚式と新婚旅行が控えていたので。お互い貯金もなかったので節約を意識し始めました。

【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】【実際どれくらい節約できるの?】

積み立てのおかげで1年後に、60万円手元に返ってきました。積み立てはこれからも継続していこうと思っております。

【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】【継続的に節約する為に】

1番大変だと感じたのはお祝い事がたくさんあった月です。誕生日、友人の結婚式、その二次会と三次会、そし記念日と重なりました。それでも積み立ては続けて、食費はそのお祝い事のときに美味しいものがたくさん食べれるので、日々の食事はできるだけコストを下げました。

【無駄使い防止で現金持ち歩かないようにしていただけなのに。】【私のお金の体験談をシェアします】やりがい抜群!高時給!塾の先生

私は現在大学三年生ですが、大学一年生の頃から塾の先生のアルバイトをしています。仕事内容としては、小学生、中学生、高校生に主に数学と英語を教えています。勉強できないと厳しい仕事と思われがちですが、中学生までは独自のテキストが用意されていて簡単に教えることができます。もちろん、高校受験、大学受験をする子がいます。受験の時期は勉強面だけではなく、精神的なサポートや保護者、教室長との連携が必須になってくるので大変な仕事ではありますが、その分担当していた子が志望校に合格して報告に来てくれるのがとても嬉しいです。「私はこの子の合格をサポートできた」という自信にも繋がりますし、とてもやりがいがあると思います。私も、担当していた高校生が無事志望大学に合格し、「合格できたのは先生のお陰です。」と報告に来てくれた時には思わず涙が出てしまいました。そして、気になる時給ですが基本的に1時間に対して払われるものではなく、1コマに対して支払われます。わたしが働いているところは1コマ80分で1700円です。時給に換算すると約1200円ほどです。私の住んでいる県の最低賃金が810円なので比較してみるとかなりの高時給だと思います。

諦めないで!私が伝えられること

私も節約や貯金が苦手でした。ある程度自分を抑制できる方は、月のはじめに食費、生活費、娯楽費をどれぐらいにするか決めて日々の生活でお金をコントロールするといいと思います。私は、それだけでは不安だったので、積み立て貯金もしていました。