こんにちは!今回は転職を焦って決めると!?【焦って転職した結果がこれだよ、、】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。

【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

転職を焦って決めると!?【結果がこれだよ、、】

私が大学卒業後最初に働いていた会社は、大企業の子会社ながらも地元では名の知れた企業でした。大卒で入った私は管理部門に配属されたのですが、
ちょっときつい思いをしただけで嫌気がさしてしまい、うつ病と診断されたと言って休職しながらこっそりと就職活動をしていました。しかし思うように決まらず、
復職しなければいけない期限が近づいてきました。そんな時に受けた会社は、営業職で、基本給は低い物のノルマで稼げて、今までの倍近い金額も稼げるよと言われました。
焦っていた私は二つ返事で内定を承諾してしまい、その会社に入社しましたがこれがすべての始まりでした。
当時何も知らなかった私が、入社したのが月末だったのですが、事務所に貼られているグラフを見てギョッとさせられました。想定していた量の半分にも満たない契約数が
そこに記されていました。この会社は月に3本契約を取れれば大幅に給料が上がり、面接時にも、みんな3~4本コンスタントに取っているよと教えられました。
しかし実際に見てみると、多くても2本、1本も取れてない人もいました。それでもたまたま調子の悪い月だと思ってごまかしていた私ですが、月を追うごとに現状を突きつけられます。結果、基本給は6万ひくくなり、ボーナスも100万近く減ることになり死にそうになりました。

転職を焦って決めると!?【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

ポイ活を始めて、ポイントで日用品やお菓子などを購入するようにしました。(私が節約を決意した理由)子供が小学校に入学する前に、住宅を購入したいと考えはじめたから。

転職を焦って決めると!?【実際どれくらい節約できるの?】

月に70000円以上かかっていた食費を、週予算を組んだり、ポイ活でお菓子を購入したりするようにして、月46000円にまで下げました。

転職を焦って決めると!?【継続的に節約する為に】

菓子パンなどが好きでよく買ってたのですが、節約を意識し始めてからは、あまり買わないようにしました。そのかわりお菓子作りをするようになると、節約だけではなく子供の食育にもつながりました。

転職を焦って決めると!?【私のお金の体験談をシェアします】セブンイレブンでのアルバイト経験

私がセブンイレブンでアルバイトを始めたのは、高校1年生の冬なので、もう10年以上前の話になります。
きっかけは、私立の高校に入学したので少しでもお金を稼ぎたかったのと、自宅近くにあったこと、オーナーが父と知り合いだったことが重なり、人と関わることも好きだったのでやってみることにしました。
やはりコンビニというだけあって、レジ、品出し、清掃等々やることは多く、メモは必須でした。やることが多い割に時給は山形県の最低賃金、610円です。それでも週4?5日、4?5時間のシフトで、4万円前後稼げており、人間関係も良好で楽しかったです。
アルバイトは専門学校へ進学しても続き、時給は680円にあがりました。この頃になると、土日しか入らなかったのですが、3万円ちょっと稼げていたので、授業料、電車の定期券は自分で出していました。今考えると、よく生活できていたなと思います。
大変だったのはなんといっても、3.11の東日本大地震のときです。地震翌日にシフトが入っていましたが、町中停電のため、レジは手打ちです。私が出勤して30分ほどで、なぜかうちのコンビニだけが復旧し、レジが使えるようになりました。そこからはノンストップで休憩する暇もないくらい、お客様がいらっしゃいました。後にも先にも、こんなに混んだのはそのときだけだと思います。食料という食料(お菓子も含む)はすべて売れ、揚げ物や中華まんも仕込みが追いつかないくらいでした。次の日は仕入れもままならず、店内の商品はほどんどなくなり、掃除だけして終了したのを覚えています。
その年に就職だったので、そのまま辞めることになりました。それから早8年。前職を退職したのを機に、誘っていただき、8年ぶりに復活、再びアルバイトをしています。
現在ではセブンカフェや常温FFなど、以前になかったものもあり、最初は戸惑いましたが、レジ操作は体が覚えているもので、すんなりこなすことができました。
変わらずやることは多いですが、今では時給900円と、私の住む地域ではかなり高額だと思います。スタッフは多少変わりましたが、いつも和気あいあいと楽しく働いています。産休まであと2ヶ月ですが、精一杯頑張りたいです。

諦めないで!私が伝えられること

節約が苦手な人は、「これくらいいいか」と、コンビニや100均でちょこちょこ買いしがちだと思います。そのときに、「これを1ヶ月我慢したらいくらになるか?」と考えて、踏みとどまることが重要です。またものを買うときは、どんなに安いものでも、「本当に必要か?」と考えるようにすれば、無駄遣いが防げると思います。