こんにちは!今回はパトロン 募集 男【登山グッズを買い取り専門店へ】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

パトロン 募集 男【登山グッズを買い取り専門店へ】

以前まで趣味でやっていた登山グッズ。

妊活を機に山に登らなくなったため、置き場所に困っていた。

登山グッズは意外と値の張るものも多いが、一度揃えれば長く使えるものばかり。

近年の登山ブームもあり、登山グッズ買い取り店を利用して手放すことに。

ネットで査定をしてもらい、ダンボールが届いたら詰めて送り返しだけ。送料無料で、店舗に出向くこともなく、お手軽に利用できた。

今回送った登山グッズは総計16点。

ザック、登山靴、ポールなど、登山を始めるにあたって揃えたもので、確か購入層金額は10万超だった。

ダンボールで荷物を送ってから1週間ほど、お店から買取のメールが届いた。

約2万円ほどでの買い取りということで、予想より高く買い取り金額が提示された。

一般的に、専門店に持ち込むよりも、ネットオークション等で自身で販売した方が高値での販売が期待できるが、小包装したりの作業がめんどうなのと、送料負担する必要があるため、手間と時間がかからない専門店での買い取りを利用した。

パトロン 募集 男【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

完全電子支払いにし 外食を週1から月2に 電力会社を変更 保険をネットに変更 シャワーを時間制に(私が節約を決意した理由)入ってくるお金より出ていくお金を減らし、ストレスを抱えずに健康を維持しながら年間どれだけ節約出来るか試したかったから

パトロン 募集 男【実際どれくらい節約できるの?】

外食代で5000円? 電気代で5000円? 保険代で10000円? 水道代で500円? ガス代で2000円? ポイント2000円?

パトロン 募集 男【継続的に節約する為に】

日々の積み重ねなので、飽きが来ないよう、ストレスがたまらないよう、早寝早起きを中心に楽しむようにやりました

パトロン 募集 男【私のお金の体験談をシェアします】巫女さんって意外とハードです!

皆さん、年末年始や色々な節目に神社を参拝されることがあると思います。
樹齢何十年の樹木が建ち並ぶ中に、厳かにそびえる社殿。
いつもとは違う非日常の空気が、そこには漂っています。
その神社で目にするのが、巫女さん!!
あの白&赤の袴姿、良いですよね。憧れますよね。
一度は着てみたい、むしろ巫女さんになってみたい!そう思いますよね。
私は巫女さんのバイトを数年したことがあるのですが、あの袴姿、とっても寒いです。ええ、薄着なんです。
それこそ年末年始の時間帯なんて、ひたすら冷えるわけです。
ぐんぐん気温が下がる中、どんどん増えていく参拝のお客様。
笑顔で出迎えつつも、実際とっても寒いのです。カイロはりまくって見えないように下に厚着をしていようが、とにかく寒い。
動くと意外と腕とか見えちゃうし、歩くと足元も見えちゃうから、『見える部分は防寒具NG』と言われていました。
その姿で、参拝の受付をしたり、お神酒を注いだり、お守りやお札の販売をしたり。
なかなかハードです。見た目よりめっちゃハードです。
それと、何故か私が働いていた所では、電卓禁止でした。
確かに、巫女さんが電卓パシパシ叩く姿というのは夢が無いというか現実世界に引き戻されるというか…。
仕方ないものはあるのでしょうが、結構つらかったです。
何しろ、お正月の神社というのは、お守りや破魔矢、干支の飾り物や熊手などなど色々な物が所狭しと並べてあります。
それを参拝に来られた方が、あれやこれやと手に取られて吟味をし、大体の場合はそこそこ沢山お選びいただいて、お買い上げ下さるのです。
その一つ一つの値段を頭の中で素早く計算して、『○○円になります~』とにっこりほほ笑むのです。
そして、しっかり端数まで出してくれる方は極まれで、大抵はお札でどーん!となるわけで、今度はお釣りの計算で頭がパニックに…。という事の繰り返しでした。
全部500円とか1000円均一にでもしてくれれば楽なのにね~。と巫女仲間でぼやいていたものです。
現実はそう甘くはなくて、中途半端なお値段設定だったので頭の中がパニックになったわけですが。
というった具合に、巫女の頭の中は常に大混乱だというのに、奉仕でお手伝いしてくださるオバサマ方は電卓やそろばんを活用されておりました…。
あぁ、なんて羨ましい…。と横目で眺めたものです。
他にも、不埒な質問をしてくる若者の参拝者を適当に切り抜けたり、酔っ払っていらっしゃるであろう参拝者の方のよくわからないトークに相槌をうったり…と。
見た目よりも巫女さんってハードなんだな。というのを数年で学んだのでした。

諦めないで!私が伝えられること

請求書合算を前年の同月との差額を出し その差額分は近くの実店舗がある銀行に預金し、あえてキャッシュカードを作らないようにしい緊急の場合以外預金には手をつけない、また還元率の高いクレジットや電子マネーでポイントを貯める。
赤字の場合は切り詰めるぬのではなく、現状のメンタルを維持しながら、対処方法を考える。