こんにちは!今回は債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【派遣制バイトアプリ活用】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【派遣制バイトアプリ活用】

私は派遣バイトアプリ、フルキャストと言うのを使用しています。空いた時間にバイト出来るのでよく活用しています。利点としましては、フルキャスト事態の面接はなく誰でも働けると思いました。ただし高校生は不可だったと思います。仕事の内容によりますが日に1万円以上受け取れるバイトもあります。私は青森県で使用していますが、田舎でもなかなか仕事があります。人付き合いが苦手な方でもたった1日と考えればなんともないと思います。ですが、もちろんバイト先の人はイイ人ばかりではありませんので割とあそこのバイトは行かない方がいいよとか仲間内で話す事もあります。あまりにもヒドイ人がいる場合、フルキャストに連絡して対応を仰ぐ事も出来ます。その点福利厚生はちゃんとしていると思いました。バイトの内容も多種多様、体力に自信のある方は引っ越しやイベントの会場設営、パソコンを使える方はデータ入力など、ちょっと面白いなと思うのは農作業の手伝いです。仕事は疲れますが帰りにお野菜など貰えたりします。なかには日払いで支給してくれるバイト先もありますので急にお金が欲しい時にも役立ちます。

債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

食費○○円、娯楽費○○円、貯蓄○○円…など月々の予算を決め、その費用ごとに封筒に現金を入れ、それ以上は使わないよう心がけました。(私が節約を決意した理由)自営業なので国民年金が将来どうなっているのか不安で、少しでも貯蓄をしておこうと思ったから。

債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【実際どれくらい節約できるの?】

娯楽費と書かれた封筒をみると「あ、これは無理に使わなくてもいいお金だ」と思うようになり、娯楽のための外出回数が減りました。
金額はその月によって違いましたが、平均すると1万円くらい節約できていたと思います。

債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【継続的に節約する為に】

娯楽費に限っていうと、やはり外出の回数を減らす、外食を低価格なものにする、本当に必要なものだけ買うようにしたの3点です。
特にショッピングの際は、今回じゃなくてもいつでも買える、もう少し待てばもっと良い物が見つかるかもしれない、など思考を切り替えました。

債務整理中でも10000 円ぐらい借りれる所はない?!【私のお金の体験談をシェアします】クリーニング店での受付のアルバイト

クリーニング店でお客様がお持ちの衣類のクリーニングを受け付ける仕事です。
傷物やシミの有るなし、濡れているもの等は受け付けられないためお引き取り頂く、または、状態が悪化する可能性を承諾していただき署名を頂いてから工場に送るという仕事をしておりました。
ほとんどのお客様が主婦の方かサラリーマンの方で、ワイシャツの依頼でした。
季節終わりに大型の物やコート類がありましたが、小さなお店でしたので年に数件でした。
そのため、良識の有るお客様とのやり取りでしたのでトラブルも一度しかなく時給は最低賃金ほどで稼げませんでしたがのんびりと働くことができました。
一人体制での仕事でしたので、お客様が来られないタイミングで昼食や休憩を取るため、店長から誰も来ないときは「自由にしていてかまわない。」と説明があり、仕事中に卒論を進める事もでき、非常にありがたい職場でした。
三人しかいない職場でしたので皆仲が良く、私が母を亡くして間もなかったため、店長は母親のように暖かく接してくれた上に、学費を稼げるように出勤日数まで配慮してくださいました。
最初は、一人体制での職場に不安しかありませんでしたが、人に恵まれ卒業まで無事に勤めることができ感謝しております。

諦めないで!私が伝えられること

節約が苦手な方は、自分がいくら使っているかをあまり把握できていないように思います。
まず、そこから始められてはいかがでしょうか。
という私も、家計簿をつけ始めても途中でやめてしまう…の繰り返しで、全く続きませんでした。
ずぼらな私でもある程度把握できる方法を考えた結果、細かく封筒に分けることを思いつきました。
お金を封筒に分ける作業は面倒だと思われるかもしれませんが、月に一回だけですし、わが家の場合は「食費○万円」というように大まかに決めているので両替の手間もいりません。また、大まかに分けることによって、各封筒に必ず細かい単位の残金があるので貯蓄に回すことができます。
「塵も積もれば山となる」と考えれば、封筒に分ける作業も少しワクワクしてくることでしょう。