こんにちは!今回は財布落としたお金貸して【年末に財布をトイレに置き忘れる】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

財布落としたお金貸して【年末に財布をトイレに置き忘れる】

年末に家族でイオンに行った時のお金の失敗談です。主人がトイレに行こうとすると、2歳の息子も一緒について行きました。主人は息子が一緒だったからか、障害者用のトイレに入りました。先に息子にトイレをさせて、いざ自分の番になった時に、息子がトイレのドアを開けて出ていきました。トイレとドアまでの距離が遠いので、とっさに対応できず、大慌てでトイレを出て息子の後を追ったようです。その後、主人が服を買いたいというので服売り場へ移動しました。買うものを決めて支払いをしようと思った時に財布がないことに気づきました。主人は「トイレだ」と言い、先ほどのトイレを見に行きました。すでに15分は経過していました。トイレットペーパーホルダーの上に置いた財布はみつかりませんでした。いくら入っていたのかを聞くと、予想以上の金額でした。年末年始分と翌月の生活費としてわたしに渡すつもりだったお金もあり10万以上でした。キャッシュカードにクレジットカードにマイナンバーカードまで。財布はわたしがプレゼントしたヴィトンでした。翌月の生活費まで失ったので怒りがこみあげてきましたが、そこはグッと我慢して主人をなぐさめました。ただ、これからは財布は必ずカバンに入れて持ち歩くことを強く言っておきました。

財布落としたお金貸して【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

ランチ代を浮かせるために、毎日会社にお弁当と水筒を持参するようにしました。休日出かける時も、飲み物は水筒を持参するなどして、細かい出費を抑えるようにしました。(私が節約を決意した理由)子供が生まれてから、将来的に習い事や学費などにお金がかかるだろうと思ったから。

財布落としたお金貸して【実際どれくらい節約できるの?】

平日のランチを手作りのお弁当に変えたことで、毎月1万5千円の節約になりました。飲み物もコンビ二では買わずに、安いスーパーでまとめ買いしたり家から水筒を持参したりして、月に3000円ほど節約になりました。

財布落としたお金貸して【継続的に節約する為に】

疲れてお弁当を作るのがしんどい時や、寝坊してしまったときは潔くお弁当を諦めました。また、毎日頑張って節約したら、給料日だけは贅沢として少し高いスイーツを食べるなど、ストレスが溜まらないようにしました。

財布落としたお金貸して【私のお金の体験談をシェアします】結婚式や宴会を行うホテルのお仕事

私が学生時代に経験したアルバイトは、結婚式や宴会を行うホテルのお仕事です。仕事内容は、何か予約が入っている日は、会場の準備から始まり、式や宴会が始まったらお客様にお食事を運んだり、お酒をつくったりします。みんな決められた制服と靴、髪型で仕事をします。お客様の前に出るので、清潔感がとても大切で、ナチュラルメイクに髪型も整えなければなりません。何も予約がない日は、会場を隅から隅まで掃除します。楽しかったことは、素敵な式などの空間に携わってお仕事出来たことです。やりがいがあり時間が過ぎるのがあっという間なお仕事でした。社員の上司の方が気さくな方で楽しかったです。大変だと思ったことは、料理の大皿を一度にたくさん運ぶので、慣れるまでは重くてバランスをとるのが大変でした。必ずヒールを履いてのお仕事だったので、ヒールを履きなれてなかった私には、足が痛くなり辛かったです。予定がない日の会場掃除は、とても広い会場なので大変でしたが、掃除が好きな私には楽しいなと感じることができました。

諦めないで!私が伝えられること

ずっと節約ばかりしているとストレスがたまりやすいので、「お金の使い方にメリハリをつける」という考え方で実践するのが良いと思います。
また、普段の生活の中で自然と貯金するには「1日1回のつもり貯金」がおすすめです。例えば、「駅まで歩いて行ったけれどバスに乗ったつもりで200円貯金する」などです。どんなに額が少なくてもいいので、1日の中で「今日、この場面で節約できたな」と思った金額を、使ったつもりで貯金すると、少しずつですが自然とお金が貯まってきます。