こんにちは!今回は絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【カード決済は極力現金払いで】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【カード決済は極力現金払いで】

最近の僕の貯金の秘訣はカード決済を極力さけて現金払いに徹するという事です。カード決済だとネットで見つけたそそる商品をクリック一つで買えてしまう現在です。またポイントも買い物の1パーセントが基本の中、それに気を取られていると要らぬ物も沢山買い込んでいた過去があります。物によれば不要になったらオークションで売却して換金するという事もありますが、その手軽さからまた要らぬ物にてを出してしいます。これの悪循環が長い間続きました。今は基本店舗で現金払いを基本としておつりの内、小銭はその日のうちに貯金箱に入れる、これを日常にして行きます。これで僕の場合は一ヵ月に小銭だけで約2万円の貯金になりました。銀行の定期貯金は初めはしばらく続きますが、要らぬ物を買ってしまう日常ではすぐに破たんして継続しなかったです。的確な金額を必要とする事があれば、それに向けて貯金して行くと言う気概も出てきますが、それが無い場合は小銭貯金が地道に適格だと思います。一ヵ月2万円、一年で24万円、五年で120万円、確実に増えて行きます。また現金で物を買う場合はカードと違い、お財布と相談しながら買い物すると言う事も生まれてきます。初心にかえってお金を見つめ直す機会にもなります。

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

食事を出来るだけ作って食べるようにする事と買い物へ行っても金額を決めて買い物をする。(私が節約を決意した理由)子供が2人になって、長男が幼稚園へ通うことになったから。

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【実際どれくらい節約できるの?】

作って食べる回数が増え、食事のレパートリーが増えました。毎月貯金できる額が3万ほどになり、今でも継続してやってます。

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【継続的に節約する為に】

毎日のメニューを考えるのが大変です。雨の日に買い物に行けないのも大変です。出来るだけ週始めに買い物を済ませています。

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンス【私のお金の体験談をシェアします】神宮の従事者としてのアルバイト

16歳の時に北海道神宮の社務所での雑務や、授与所での商品管理・品出し・補充・賽銭の運搬のお仕事をさせてもらっていました。では何故そのような経験ができたかというと、自分は小学1年生の頃から北海道神宮境内にある養心館という道場で剣道を習っていたからです。剣道の先生方は、神主や神官の方が多く神様の元で心身を養うということから設立された道場です。団体戦札幌市準優勝までが記録として残っています。そんな由緒ある縁が実って神聖な従事者としてアルバイトの推薦を受けました。年末は重労働が多くヘトヘトでしたが、大晦日は神宮の大広間で雑魚寝状態で仮眠をとりながら働きました。もちろん食堂で年越し蕎麦も食べました。元旦からの7日間くらいは、授与所で巫女さんのサポートをする仕事だったので案外楽に仕事ができました。年越しのアルバイトは倍率が高く選りすぐりのメンバー(全員女性)がずらっと並んでお守りやお札を授けます。値段や多数のお守りも電卓を使わずに頭の中で計算している姿を見て、大したものだと思いました。よく1番福と言いますが、大晦日の夜0時を回った瞬間から門が開くまでは時間差があり、アルバイトの同僚と共に門が開く前に走って神殿まで行き一番福をかっさらって礼拝した思い出があります。神宮で最も忙しいのは、この元旦とひな祭りの時期になります。大人になって剣道は辞めてしまいましたが、小学生からの一連の経験は今の自分のプライドにもなっており、非常に貴重な経験でした。今は神戸在住ですがいつかあの時お世話になった先生方に挨拶しに行かなければと思っています。

諦めないで!私が伝えられること

コツコツ貯めるのと、貯金に回すお金を通帳にすぐ入れる事が大事です。お財布に入れているとやはり使ってしまうので、こまめにに入れるとよいと思います。買ったものをチェックして同じものを買わないようにするのも大事です。