こんにちは!今回はかけこみ緊急資金【上京したてでのネットビジネス失敗談】という悩みと解決策を紹介していきたいと思います。 
 
【至急お金を借りたい】お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。
 
 

かけこみ緊急資金【上京したてでのネットビジネス失敗談】

私は5年ほど前に上京してきました。
3年間学校へ通い、無事、東京で就職することができました。
「やっと夢を叶えた!」と思ったのですが、現実はそうそう甘くもなく、職業柄低賃金重労働ということもあり、節約の毎日でした。
お金も時間もない毎日をおくっていると、だんだん自分が貧相に、性格も悪くなっていくようでした。
そんなある日、SNSのDMにてネットビジネスのお誘いを受けたのです。
「ラクラク簡単!高収入!」とても魅力的な謳い文句に誘われました。当時右も左も分からない私は、全く疑うことを知りません。
「月初めから稼げるよ、難しいことしなくても大丈夫!」といわれ、お金が欲しい私は詳しい内容も知らず登録してしまいました。
すると、諸々登録が進み、気づけば20万ほどの支払いが。
「大丈夫!すぐ稼げるからすぐ取り戻せるよ!」と言われ信じて頑張っていましたが、自分には合わず、加えて、ノルマをクリアしなければお金がもらえないシステムだったので、結果収入は0。
しっかり自分に合う仕事なのか見極めて登録するべきでした。良い社会勉強になりました。

かけこみ緊急資金【解決策・私はこうやってお金を貯めました】

コンビニで弁当を買うことを辞め、大学へ自分で弁当を作り、持っていきました。(私が節約を決意した理由)部活の遠征費用が思っていたよりも掛かったから。

かけこみ緊急資金【実際どれくらい節約できるの?】

コンビニの弁当を辞めて、弁当を作ることにより月々約8000円食費が減りました。また、コンビニの弁当を辞めることにより、コンビニで弁当と一緒に飲み物などを買うことも無くなり、その分の出費も抑えることが出来ました。

かけこみ緊急資金【継続的に節約する為に】

朝寝坊した時が大変でした。その時は、弁当を作ることができないので、仕方なくコンビニでカップ麺を買って食べていました。カップ麺は高くても200円から300円ぐらいで、コンビニで弁当を買うよりも安かったからです。

かけこみ緊急資金【私のお金の体験談をシェアします】夏祭りの出店でのアルバイト体験

友人の誘いで夏祭りの出店でのアルバイトをしました。7月と8月の毎週土日で、大体夕方4時くらいから夜の11時くらいまででした。
かき氷やくじ引き、お好み焼きやたこ焼きの手伝いなどいろいろやりました。日給制で一日1万円でしたが、たまに2千円くらい多くもらえたりしました。決まったマニュアル等はなく、その日一緒に働く人にいろいろと教えてもらう感じでした。
世間一般にイメージされているような怖い人はいないし、みんな優しく教えてくれたので事前のイメージと大分違いました。
仕事帰りに、ご飯に連れて行ってくれたりなど、給料以外に食費も浮いたりして助かりました。
大変だったことは、荷物運びや、お店の片づけ等の力仕事が結構多くて大変でした。女の人が自分より重い荷物を持って運んでいたことは衝撃的でした。
花火大会でたこ焼きの手伝いをしたときは忙しすぎて驚きましたが、花火が上がっている時間は暇になるので、みんなで花火をみれました。仕事をして汗だくになりながらの花火は人生初の体験で良い経験になったと思います。

諦めないで!私が伝えられること

節約や貯金を成功させるためには、自分がいくら使ったかを可視化することが大事だと思います。可視化することで自分がいくら使ったのかがはっきりと分かり、励みやすいです。私はレシートを取っておいて、寝る前にその日使った金額をノートに記録していました。それを続けていくと、「今日は〇〇円だった、明日は今日よりも少ない金額に抑えよう」というようにゲーム感覚で節約を楽しんですることができました。